複勝オッズを重視するのはプロが馬券を買う比率が高いからです。

MENU

単勝・複勝とオッズ

オッズ理論は主に単勝、複勝オッズを重視します。
それぞれ券種の中でも1頭に対しての評価になるため、実力や期待値を表す数値として、馬連や3連単など、他の券種の予想にも役立てることができます。

 

 

単勝よりも複勝オッズを重視する

初心者や趣味で競馬をやる程度の人は複勝オッズは見ないで単勝オッズばかり見る傾向があります。
この時点で予想手法は間違っていて、複勝オッズを重視するのがオッズ理論の基本概念でもあります。
本来は単勝は勝つ確率が高い馬、複勝は3着以内に入る安定感を期待できたり、勝てないけど3着以内なら可能な馬をピックアップするためのものです。
的中条件が違うのでオッズも別物であるべきですが、単勝よりも複勝の方が強い馬を支持している傾向が強いです。

 

競馬の情報

単勝と複勝のオッズはそれぞれ独立していて、馬券の購入状況によって変動します。
複勝オッズを重視する理由はプロが馬券を買う比率の高さです。
複勝だけで儲けるには複数のレースを的中させ続けるコロガシ法か、大きなロットで勝負する、もしくは複勝でも数倍になる穴馬を的中させる必要があります。
素人が趣味でG1だけで競馬に勝負するには物足りない券種でもあります。

 

単勝は個人が買う比率が比率が高いため、人気上位馬は過剰にオッズが低くなり競馬新聞などメディア予想との連動性が高くなります。

 

オッズ理論には順位変動という基本的な分析方法があり、単勝と複勝でオッズの人気順の違いを探していきます。

 

順位変動を使わない場合でも単勝より複勝の方が信頼できる数値として見ることができます。

 

 

単勝、複勝だけで儲けることは可能か?

馬券の中では一番優遇された80%の払い戻し率になっていて、回収率を100%以上に持っていくことを目的にしたり、オッズ理論を身につける練習用としては一番シンプルで簡単な券種です。

 

ただし、オッズ理論を使っても簡単な手法だけでは100%以上の回収率を導くのは難しいです。

 

簡単で手堅いのは、断層の切れ目の馬の単勝、複勝を買い続けることですが、バックテストを取るのが困難で、かなり高性能な競馬ソフトを使わないと期待値の算出をできません。
人気順の単勝・複勝のデータを見ても回収率100%以上になることはほとんどないので、競馬場や距離、レースグレードなど条件別にオッズ理論を検証していく必要があります。

 

さらに、波乱のレースと本命のレースを分析して、堅いレースは見送る処置を取るなど、細かい取り組みで少しずつ期待値が上がっていきます。

 

つまり、オッズ理論は順位変動など簡単な手法で実践することはできますが、回収率100%以上の期待値で投資するには、過去のデータを分析する競馬ソフトを活用して地道に様々なデータを検証していく必要があります。

 

単勝・複勝だけで勝てるようになれば、他の券種で応用することで大儲けもできます。